私がアンチエイジングに目覚めたきっかけ。

beautiful-1687961_960_720私は41歳です。顔はお世辞にもきれいでは、ありません。お肌も毛穴が開いているし、子供にお肌がきれいではない・・・と言われていました。

しかし、自分にお金をかけるより家計を助けるのが私の使命!と思っていました。お化粧はしますが、朝したらそのままお風呂までファンデーションが残っているのか残っていないのか?くらいの興味のなさでした。

もともとにきびが原因で毛穴が早くから開いていて自分の顔を20代でも見ることが苦手だったのもあります。

化粧直しもしてもここ顔じゃ毛穴も隠れないわとあきらめていました。そんな私が真剣にアンチエイジングをしようと思うとは?

個別商品の詳しい評価は「透輝の滴の口コミ」を御覧ください。

お肌への興味のきっかけ?

なぜお肌をきれいに保ちたいとアンチエイジングに興味を持ったのか?それは入院です。

腎臓に炎症が起こり、治療入院を3週間しました。ステロイド治療と副作用を見るための入院でした。

そのときに副作用で顔が丸くなるといわれました。ショックでした。そして、そうなったときますます鏡を見ることが怖くなる・・・という怖さを感じました。

女性ばかりの4人の大部屋。私以外は60代後半の女性が3人でした。そして、3人は骨折で入院していました。

点滴治療が始まると、3人の様子を見ているのが日課になりました。そうしたら、みなさんの美意識の高さを感じました。病室です。化粧しても誰に見せる?雰囲気です。

しかし、皆さん毎朝、顔を洗って化粧水から朝は始まります。しっかり化粧水をしたらファンデーションを塗って眉もかきます。髪もしっかりとかしますし、ヘアオイルも塗って毛先までさらさらでした。

私は、2日に一回のシャワーのときに顔を洗い、毎日のお手入れをサボっていました。3人が3人、性格も違うし外見も違うのですが、女性としても身だしなみはわすれていません。

お肌も60台とは思えないきれいさでした。そう、この3人に刺激されてこのままではいけないと!!とアンチエイジングに目覚めたのです。

私なりのアンチエイジング

girl-247302_960_720

そして、3週間の間に時間だけはゆっくりありました。

幸い、副作用の顔が丸くなるということが起こらず、神様に感謝と同時にお肌を見直そうとネットで私ができるアンチエイジングなお手入れを考えました。私は今、化粧水1本で乳液効果もあるという時短化粧品を使っています。

しかし、肌の感想が気になってきていました。この際だからスペシャルケアの寝るとき専用美容液を購入しました。

さらに、紫外線ほどお肌に悪いものはないらしく、しっかり紫外線対策するために保湿成分たっぷりの日焼け止めを使い始めました。

メイクもしっかり落とし、更に乾燥を防ぐクリームタイプに変えました。1番のお手入れは、毛穴を目立たなくするために化粧水をコットンで顔に入れてあげることです。軽くパッティングしながらします。

毛穴がちょっと引き締まったら、保湿の美容液でお肌を寝ている間にケアしてもらいます。

もちろん、朝1番に顔を洗って日焼け止めでケアします。退院してからお肌がちょっと変わりました。このお手入れでファンデーションで毛穴が目立たなくなり、お肌が明るくなった気がします。

これから・・・

これからの私は、引き続き美容クリームと日焼け止めでケアします。

ファンデーションも以前は不安デーションでした。今は、しっかりお昼もパウダーでお手入れしてきれいなお肌を保っています。

髪も第一印象に深く関わってくると聞いて毛先にバージンオイルを塗ってお手入れしています。

アンチエイジングはまだまだこれからですが。見た目年齢を意識して続けて生きます。きれいな60代目指します。

水分第一のしわ対策

綺麗な女性顔アップ
乾燥肌が悩みです。夏以外はほとんど乾燥しています。乾燥肌と言いますが、乾燥しているのは肌だけではないように思います。おそらく、乾燥肌の方は、手も足も目も、どこも乾燥しているのではないでしょうか?

肌の乾燥は、そういった体の乾燥のバロメーターであり、肌が乾燥したときは、全体が潤うようにしています。
というわけで、私の場合は、「しわ」が悩みです。乾燥するので、そのままでも「しわ」になりやすいのですが、ファンデーションをつけると、さらに深刻な状態になります。

鼻から頬に縦のしわができたり、目の下がひび割れたり、額は言うにおよびません。鏡を見て、がっかりします。
そこで、実践したのは、化粧水です。できるだけ安価なものを選び、湯上り、朝、たっぷり沁み込ませます。乾燥肌ですので、なるべく粘性の高い化粧水を使うのかと言うと、そうではありません。サッパリしずぎもダメですが、そこそこサラッとしたものをたっぷり使います。

たっぷり使う、そこがポイントです。そして、乳液やクリームは、あまりこってりとは塗りません。これらに頼りすぎると、肌にトラブルが起こりやすくなる方ですので、普通に使います。できるだけ、化粧水をつけてすぐに塗ります。それも気を付けているポイントです。

このようにケアすると、目もほっとして、ぱっちり開く感じです。そこまで潤うと、私の場合、合格点とします。

あとは、毎日、手抜きしないことでしょうか。十分に潤っていると、しわは自然と少なくなります。今のところ、このように手入れをして、なんとかクリアしています。

スキンケアでお手入れするなら、顔のシワたるみに効くリフトアップ化粧品を参考にして、より良いケアで若い肌を手に入れましょう。

なかなかケアが難しい背中ニキビ

10代のころから背中にニキビができやすい体質でした。

時々親に背中をかいてもらいました。ニキビをつぶしてもらったりもしました。

大きなにきびができているとクレアラシル等を塗りこみました。

シャンプーやコンディショナーが残ると背中にニキビができやすいといわれていて、なるべく先に使うか、よくながすようになりました。

20代のころより、背中に「背中ニキビ」専用のローションを時々使用するようになりました。

一番20代のころができやすかったです。仕事がいそがしかったので休日に使用しました。
休日のお風呂のあと専用のローシヨンを塗りこみました。

少しは効果があり、背中にできるニキビの量がへりました。ニキビ跡も少しずつですが目立たなくなりました。

30代のころからは、ドクターシーラボの黒いパッケージのアクネラインシリーズを顔全体に使用するようになりました。
背中には時々使用しました。休日のたびに少しずつローションを塗りこみました。少しは効き目がありました。

40代のころからは、特になにもしていません。

背中ニキビ専用のローションを薬局で購入して使用していた時期もありましたが、20代にくらべてできにくくなったのと、あまりそこまで効果があるように思えなかったのでやめました。

時々、顔に使用する大人ニキビ対策専用のローションを塗りこんでいます。

大満足の買い物ができました

某家電量販店が新規オープンの時に、テレビとブルーレイディスクレコーダーを購入しました。
1年中で1番安売りをする年末年始の売り時くらい安くなっていました。
テレビは東芝のレグザをレコーダーは同じく東芝の物を購入しました。テレビは32型で3万2千円と大変求めやすくなっていました。レコーダーは500GBでダブルチューナーで2万9千8百円とこれも破格の安さでした。
昔は、テレビを無料配送してくれるのが当たり前だったのに、最近は液晶で薄型になったせいもあって、何も言わなかったら持ち帰りで話しを進められてしまいました。
古いテレビの処分ですが、普通にリサイクル料を払ったら2千7百円かかるところをリサイクルショップに売りに行ったら2千円の値がついたので4千7百円も徳をした事になりました。
テレビの写り具合は、8年前に買ったテレビよりも色合いが落ち着いていて目も疲れません。映画やバラエティーなどジャンルに合わせて色合いが変わるのです。ただスピーカーは絞った様な音で高温を無理やり強調しているので、私は好きではありません。
レコーダーは検索機能が付いていて、簡単に好きなタレントが出演している番組を録画できるので便利です。
値段・機能を考えると良い買い物をしたと思います。

保湿とわきがの臭い対策ができるラポマイン

わきがの原因は汗の成分を菌が分解してできた成分と、アポクリン汗腺から出る汗と垢や皮脂などが混ざってできる成分です。汗の発生を抑えればこの二つを防ぐことができるので、従来のわきが対策商品はスプレーなどで汗の発生を抑えていました。

しかし、効果を実感できなかった人もいるはずです。その原因は乾燥です。乾燥を繰り返すと肌を守るために皮脂や汗の分泌が増えてしまうのです。

わきがを抑えるには、汗と雑菌の繁殖を抑えることと、乾燥を防ぐことが大切です。保湿しながら臭いの原因にアプローチするのがラポマインです。

ラポマインにはイソプロピルメチルフェノールと柿渋エキスのWの消臭成分が使用されています。汗の発生を抑えるとともに殺菌して菌が作り出す臭い成分を抑えます。

シナノキ、オトギリソウ、ローマカモミラなど7種類の天然植物エキスが保湿します。乾燥による過剰な皮脂や汗の分泌を抑えます。天然植物エキスの働きでサラサラが持続します。

ラポマインは継続すると高い消臭効果を発揮します。使い続けられるように使用感にもこだわりました。べたつかず、伸びがよく、すぐに乾いていつでも気持ちよく使えます。

肌が弱い女性のことを考えて、香料・着色料・タール色素・鉱物油など刺激になるものは使用していません。
こういったわきが専用ケア商品はわきがクリームランキングなどのサイトで比較して紹介されていますので、お好みのわきがクリームを見つけるのには最適だと思います。

わきがクリームを手に入れて、わきがに悩まない毎日を送りたいですね。

釣り日和

昨日は友達6人で小樽に釣りに行きました。

自分は釣り用具を持っていないので、友達から借りる予定だったのですが、竿が5本しかなかったため、僕の分はありませんでした。なので、僕はしばらくの間、木の太い枝に糸を垂らして釣っていましたが、釣れるはずもありませんでした。

途中から、友達に竿を借りて釣りを始めました。きのうは風が強く海も荒れていました。

当時は、カレイを釣ることが目的でしたが、ぜんぜん釣れる気配もなく、釣り方法を変えました。投げ釣りからのさびきへと変更です。さびきというのは、ただ糸を海に垂らして糸が揺れたら、陸にあげるという方法です。すると、すぐに糸がビクンと揺れて糸を陸へとあげました。

魚はガヤでした。ガヤは小魚で調理方法が難しく、から揚げ要員として扱いました。しばらくして、みんな投げ釣りからさびきへと移行。

カレイはあきらめ、標的をアブラコ、ガヤへと変更しました。友達のひとりが、さびきで、なんと、タコをひっかけました。みんなは大興奮です。なぜなら、いままではガヤなどの雑魚しかつれなかったからです。

みんなしばらくはタコと格闘していたのですが、タコ漁は禁止されているので、タコは海の中へ。タコと格闘を終え、みんな持ち場へ戻ると、釣り上げたはずのガヤたちはカモメに1匹残らず食されていました。収穫はゼロでしたが、タコと格闘したことが楽しい思い出となりました。

ワキの悩みがあっという間に解決?

デトランスαは、ワキの悩みを抱えている人にとって、ぴったりのわきがクリームとなっています。
リピート率は90%以上と物凄く高く、しかも簡単に悩みが解消できるのです。

塗ってすぐに効果が出るかどうかは個人差があるので何とも言えませんが、使っていくうちに効果が出るという人もいるので、1回で効果が出なくとも、続けてほしいものです。

ワキ汗はいつもダラダラだったのにほとんどかかなくなったとも聞くので、効果はかなりあると思います。
値段が安いか高いかは分かりませんが、ばっちり効くのだったら高くはないと思います。

ワキ汗が改善されれば、今まで出来なかったオシャレも出来るようになります。

即効性があるので、出かける直前や急いでいるときでも使えるというのがありがたいですね。
ただ、痒みが出る人もいるようなので、程度によっては休ませる必要もあるかもしれないので、注意してください。

ただ、使っていくうちに痒みが無くなるというパターンが多いようなので、最初さえ我慢すれば大丈夫なのかもしれません。
酷い場合は、使用を止めて病院へ行ってください。

水で少し薄めて使うと痒みが弱まるという人もいたので、試してみてもいいかもしれません。
コットンなどを使うのもいいかもしれません。

買い換えたい品物

長らく愛用している物でも、壊れかけたり見た目が悪くなったものについては、買い換えが必要になります。

私の場合も幾つかあり、主な物はベルトと靴です。

ベルトは実に4年ほど使い続けているものであり、デザインは決して凝っていないシンプルな真っ黒のベルトですが、愛着がある品物だけになかなか買い換えに踏み込めません。

一方の靴は使い始めて僅か3ヶ月程度ですが、所々剥がれている箇所が目立ち、靴底にも大きな穴が開いています。

靴下が破れている時に歩くと肌と地面が直接触れるために、コンクリートで固められた足場の悪い道を歩くと、足にも痛みが生じてしまいます。

靴については早急に買い換えたいのですが、自分が気になっている靴は比較的高価なものが多く、こちらも買い換えには踏み込めません。

元々、日用品は安価な物で済ませている自分は、靴は平均でも3000円前後のものを使っていることから、その程度の相場の靴を探しているのですが、なかなか良いデザインのものに出会えません。

毎日使う物なので慎重に選ぶべきではありますが、あまりにも慎重すぎて買い換えの検討をし始めてからもう1ヶ月位が経つのに、未だに買い換えが出来ていないのです。

自らの優柔不断さを憎む反面、買い換えるべき品は慎重かつ速やかに買い換えるべきだと実感しています。

安くて渋滞で困ることがない在来線移動

今年のゴールデンウィークは、お目当てのアーティストのライブやイベントに参加するために東京へ行って来ました。

大型連休ということもあり、どこへ出掛けても混雑必至で、新幹線や高速バスのお値打ちな座席も確保が困難だったことから、在来線の普通列車を乗り継いで行くことにしました。

前述の高速バスの場合は、鉄道よりも安価で東京に行くことが可能であり、金銭面としては大助かりなのですが、時間が決まっており、続行便への振替乗車が通常は困難であることから、時間にも縛られない在来線での移動にしました。

大きな遅延も無く、スムーズに行くことが出来、移動時のイライラも殆ど無く過ごせました。流石に列車内の混雑は通常の週末を上回るものでしたが、それでも新幹線やバスの混雑を考えるとどうってことはありませんでした。

ゴールデンウィークになると、高速道路は何十キロレベルの渋滞、新幹線は自由席の乗車率100%超ということで、移動時のイライラが募りやすいものですが、在来線移動は手間がかかる分、時間も混雑していない時間帯などを自由に選べ、その時の都合で変更も利き、更には鉄路を走るために渋滞も無く、ある意味では一番快適な移動方法なのかもしれません。

お盆や年末年始などはJRグループの青春18きっぷが発売される期間ということもあり、在来線の車内の混雑もゴールデンウィーク以上に激しくなりますので、快適な在来線移動を楽しみたいということなら、ゴールデンウィークがお勧めなのかもしれません。

洗濯槽の洗浄をやってみた

結婚して、家電を一揃い買って、今のアパートに住み始めたのが3年前でした。
それまで、大学生活で寮生活をした以外では実家暮らしだったので、恥ずかしながらまともに家事をしてきませんでした。

本当に仕事ばかりの人生で、家事は二の次、三の次で、母親がいてくれたので、家のことはまかせっきりの生活でした。

しかし、結婚してからはさすがにそういうわけにはいかずに、やるしかない、と思って炊事も掃除も覚えなおしながら生活していました。

ある程度やれているかな、と思いつつ、それでもやれていないこともあるだろうなと思い、家事を特集している雑誌に目を通してみると、「洗濯槽の掃除の仕方」という文字が目に入ってきました。

家事に関して全く素人の私にとって、それがどういうことなのかちっともわかりませんでした。
確かに洗濯機には「槽洗浄」というボタンがあったような・・・と思い出し、説明書を見返してみることにしました。
すると、「1~2か月に一度は槽洗浄をしましょう。」との記載がありました。

うわあ、3年もやってないよ、やらなくちゃ!とさっそくやってみました。
それ用の洗剤を入れ、槽洗浄をして洗濯機を覗いてみると・・・

カビがペロンペロンと張り付いていて、きっと洗浄中にはもっとたくさんの「ペロン」が泳いでいたのだろうと想像させるものでした。
それで洗濯物を洗っていたのか、とぞっとしましたが、これからは定期的に洗おうと思える、良い機会だったと思うことにしました。