なかなかケアが難しい背中ニキビ

10代のころから背中にニキビができやすい体質でした。

時々親に背中をかいてもらいました。ニキビをつぶしてもらったりもしました。

大きなにきびができているとクレアラシル等を塗りこみました。

シャンプーやコンディショナーが残ると背中にニキビができやすいといわれていて、なるべく先に使うか、よくながすようになりました。

20代のころより、背中に「背中ニキビ」専用のローションを時々使用するようになりました。

一番20代のころができやすかったです。仕事がいそがしかったので休日に使用しました。
休日のお風呂のあと専用のローシヨンを塗りこみました。

少しは効果があり、背中にできるニキビの量がへりました。ニキビ跡も少しずつですが目立たなくなりました。

30代のころからは、ドクターシーラボの黒いパッケージのアクネラインシリーズを顔全体に使用するようになりました。
背中には時々使用しました。休日のたびに少しずつローションを塗りこみました。少しは効き目がありました。

40代のころからは、特になにもしていません。

背中ニキビ専用のローションを薬局で購入して使用していた時期もありましたが、20代にくらべてできにくくなったのと、あまりそこまで効果があるように思えなかったのでやめました。

時々、顔に使用する大人ニキビ対策専用のローションを塗りこんでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です