ワキの悩みがあっという間に解決?

デトランスαは、ワキの悩みを抱えている人にとって、ぴったりのわきがクリームとなっています。
リピート率は90%以上と物凄く高く、しかも簡単に悩みが解消できるのです。

塗ってすぐに効果が出るかどうかは個人差があるので何とも言えませんが、使っていくうちに効果が出るという人もいるので、1回で効果が出なくとも、続けてほしいものです。

ワキ汗はいつもダラダラだったのにほとんどかかなくなったとも聞くので、効果はかなりあると思います。
値段が安いか高いかは分かりませんが、ばっちり効くのだったら高くはないと思います。

ワキ汗が改善されれば、今まで出来なかったオシャレも出来るようになります。

即効性があるので、出かける直前や急いでいるときでも使えるというのがありがたいですね。
ただ、痒みが出る人もいるようなので、程度によっては休ませる必要もあるかもしれないので、注意してください。

ただ、使っていくうちに痒みが無くなるというパターンが多いようなので、最初さえ我慢すれば大丈夫なのかもしれません。
酷い場合は、使用を止めて病院へ行ってください。

水で少し薄めて使うと痒みが弱まるという人もいたので、試してみてもいいかもしれません。
コットンなどを使うのもいいかもしれません。

買い換えたい品物

長らく愛用している物でも、壊れかけたり見た目が悪くなったものについては、買い換えが必要になります。

私の場合も幾つかあり、主な物はベルトと靴です。

ベルトは実に4年ほど使い続けているものであり、デザインは決して凝っていないシンプルな真っ黒のベルトですが、愛着がある品物だけになかなか買い換えに踏み込めません。

一方の靴は使い始めて僅か3ヶ月程度ですが、所々剥がれている箇所が目立ち、靴底にも大きな穴が開いています。

靴下が破れている時に歩くと肌と地面が直接触れるために、コンクリートで固められた足場の悪い道を歩くと、足にも痛みが生じてしまいます。

靴については早急に買い換えたいのですが、自分が気になっている靴は比較的高価なものが多く、こちらも買い換えには踏み込めません。

元々、日用品は安価な物で済ませている自分は、靴は平均でも3000円前後のものを使っていることから、その程度の相場の靴を探しているのですが、なかなか良いデザインのものに出会えません。

毎日使う物なので慎重に選ぶべきではありますが、あまりにも慎重すぎて買い換えの検討をし始めてからもう1ヶ月位が経つのに、未だに買い換えが出来ていないのです。

自らの優柔不断さを憎む反面、買い換えるべき品は慎重かつ速やかに買い換えるべきだと実感しています。

安くて渋滞で困ることがない在来線移動

今年のゴールデンウィークは、お目当てのアーティストのライブやイベントに参加するために東京へ行って来ました。

大型連休ということもあり、どこへ出掛けても混雑必至で、新幹線や高速バスのお値打ちな座席も確保が困難だったことから、在来線の普通列車を乗り継いで行くことにしました。

前述の高速バスの場合は、鉄道よりも安価で東京に行くことが可能であり、金銭面としては大助かりなのですが、時間が決まっており、続行便への振替乗車が通常は困難であることから、時間にも縛られない在来線での移動にしました。

大きな遅延も無く、スムーズに行くことが出来、移動時のイライラも殆ど無く過ごせました。流石に列車内の混雑は通常の週末を上回るものでしたが、それでも新幹線やバスの混雑を考えるとどうってことはありませんでした。

ゴールデンウィークになると、高速道路は何十キロレベルの渋滞、新幹線は自由席の乗車率100%超ということで、移動時のイライラが募りやすいものですが、在来線移動は手間がかかる分、時間も混雑していない時間帯などを自由に選べ、その時の都合で変更も利き、更には鉄路を走るために渋滞も無く、ある意味では一番快適な移動方法なのかもしれません。

お盆や年末年始などはJRグループの青春18きっぷが発売される期間ということもあり、在来線の車内の混雑もゴールデンウィーク以上に激しくなりますので、快適な在来線移動を楽しみたいということなら、ゴールデンウィークがお勧めなのかもしれません。

洗濯槽の洗浄をやってみた

結婚して、家電を一揃い買って、今のアパートに住み始めたのが3年前でした。
それまで、大学生活で寮生活をした以外では実家暮らしだったので、恥ずかしながらまともに家事をしてきませんでした。

本当に仕事ばかりの人生で、家事は二の次、三の次で、母親がいてくれたので、家のことはまかせっきりの生活でした。

しかし、結婚してからはさすがにそういうわけにはいかずに、やるしかない、と思って炊事も掃除も覚えなおしながら生活していました。

ある程度やれているかな、と思いつつ、それでもやれていないこともあるだろうなと思い、家事を特集している雑誌に目を通してみると、「洗濯槽の掃除の仕方」という文字が目に入ってきました。

家事に関して全く素人の私にとって、それがどういうことなのかちっともわかりませんでした。
確かに洗濯機には「槽洗浄」というボタンがあったような・・・と思い出し、説明書を見返してみることにしました。
すると、「1~2か月に一度は槽洗浄をしましょう。」との記載がありました。

うわあ、3年もやってないよ、やらなくちゃ!とさっそくやってみました。
それ用の洗剤を入れ、槽洗浄をして洗濯機を覗いてみると・・・

カビがペロンペロンと張り付いていて、きっと洗浄中にはもっとたくさんの「ペロン」が泳いでいたのだろうと想像させるものでした。
それで洗濯物を洗っていたのか、とぞっとしましたが、これからは定期的に洗おうと思える、良い機会だったと思うことにしました。

仲良くできません

上の弟とほっとんどしゃべれない理由は何でしょうか。
それは、共通の話題がないからかもしれません。

私がこだわるファッションですが、弟はブランドとか全然知りません。
下の弟みたいにコーデの相談とかしてきません。

いいかな、と思って母と選んだTシャツ、一回も着てるの見たことありません。
ペンケースは使ってるのでしょうか。
ま、しょうがないです。
離れゆく運命の姉弟だったんです。

今までよく合わせていました。
もう方向性が違うんです。
CADとか私は一生しないでしょう。
料理は弟、全くしていません。
掃除はしていますが。

というか私のやっていることが単純作業すぎます。
弟は高度で専門的で理系です。
私は大学文系です。
弟はコミュ力あるし自信もあります。
私はコミュ力なくて目も見れません。

職場でよく話す、話の会う人と、全然話さない人いますが何が違うのでしょう、ってまぁいいです。気の合う人、合わない人がいるってことです。それは永遠ではありません。人は変わります。
仲よかった弟とも、今は仲良くありません。
友達もそうです。

昔みたいに仲良しになるバイト仲間はいませんが、それなりに職場の人と話しています。
つまり、昔は知りもしなかったけど、今付き合っている人もいます。
ま、あまりに私が変わったのは、精神病のせいですが。